エンタメ・体験のスポット・イベントおでかけ記事

イメージ

編集タイアップ右カラムあり

[記事リード文]メガテリウム (Megatherium ) は、新生代第四紀更新世(164万~1万年前)ごろ、南アメリカ大陸に生息していた巨大なナマケモノの近縁属である。和名は大懶獣(だいらんじゅう、だいらいじゅう)またはオオナマケモノ。

Date2015/04/09

いつ行く
記念日
4064x2280 ・レジャー&イベント ・記念日 ・スポットID:nacv2_test01 ・クーポンID:3601 現生ナマケモノはミユビナマケモノ科とフタユビナマケモノ科の2科に分類され、5種がいる。双方の科の生息域は重なっていることが多い。 ミユビナマケモノ科 Bradypodidae - 指が3本であり、小さな尾をもつ。通常哺乳類の頚椎は7個であるが、ミユビナマケモノ科の頚椎は9個ある。首を270度回転させることができるため、体を動かさずに周りの葉を食べることができる。体長50-60センチメートル。中央・南アメリカの森林地帯に生息している。長く太いかぎ爪を持ち、セクロピアの木の葉などを食べる。 ノドチャミユビナマケモノ Bradypus variegatus ノドジロミユビナマケモノ Bradypus tridactylus タテガミナマケモノ Bradypus torquatus フタユビナマケモノ科 Megalonychidae - 指が2本であり、尾は全くないか、わずかな痕跡があるのみである。頚椎はホフマンナマケモノで6個、フタユビナマケモノで7個である。双方を外見で判別することは困難であり、しばしば、X線写真で頚椎の数を調べることで判別している。ミユビナマケモノ科に比べ、気性が荒く動作もすばやい。体長60-64センチメートル。中央・南アメリカの森林地帯に生息する。鋭いかぎ爪を使い木の葉や木の実を食べる。地上には滅多に下りない。 ホフマンナマケモノ Choloepus hoffmanni フタユビナマケモノ Choloepus didactylus 現生ナマケモノはミユビナマケモノ科とフタユビナマケモノ科の2科に分類され、5種がいる。双方の科の生息域は重なっていることが多い。 ミユビナマケモノ科 Bradypodidae - 指が3本であり、小さな尾をもつ。通常哺乳類の頚椎は7個であるが、ミユビナマケモノ科の頚椎は9個ある。首を270度回転させることができるため、体を動かさずに周りの葉を食べることができる。体長50-60センチメートル。中央・南アメリカの森林地帯に生息している。長く太いかぎ爪を持ち、セクロピアの木の葉などを食べる。 ノドチャミユビナマケモノ Bradypus variegatus ノドジロミユビナマケモノ Bradypus tridactylus タテガミナマケモノ Bradypus torquatus フタユビナマケモノ科 Megalonychidae - 指が2本であり、尾は全くないか、わずかな痕跡があるのみである。頚椎はホフマンナマケモノで6個、フタユビナマケモノで7個である。双方を外見で判別することは困難であり、しばしば、X線写真で頚椎の数を調べることで判別している。ミユビナマケモノ科に比べ、気性が荒く動作もすばやい。体長60-64センチメートル。中央・南アメリカの森林地帯に生息する。鋭いかぎ爪を使い木の葉や木の実を食べる。地上には滅多に下りない。 ホフマンナマケモノ Choloepus hoffmanni フタユビナマケモノ Choloepus didactylus 現生ナマケモノはミユビナマケモノ科とフタユビナマケモノ科の2科に分類され、5種がいる。双方の科の生息域は重なっていることが多い。 ミユビナマケモノ科 Bradypodidae - 指が3本であり、小さな尾をもつ。通常哺乳類の頚椎は7個であるが、ミユビナマケモノ科の頚椎は9個ある。首を270度回転させることができるため、体を動かさずに周りの葉を食べることができる。体長50-60センチメートル。中央・南アメリカの森林地帯に生息している。長く太いかぎ爪を持ち、セクロピアの木の葉などを食べる。 ノドチャミユビナマケモノ Bradypus variegatus ノドジロミユビナマケモノ Bradypus tridactylus タテガミナマケモノ Bradypus torquatus フタユビナマケモノ科 Megalonychidae - 指が2本であり、尾は全くないか、わずかな痕跡があるのみである。頚椎はホフマンナマケモノで6個、フタユビナマケモノで7個である。双方を外見で判別することは困難であり、しばしば、X線写真で頚椎の数を調べることで判別している。ミユビナマケモノ科に比べ、気性が荒く動作もすばやい。体長60-64センチメートル。中央・南アメリカの森林地帯に生息する。鋭いかぎ爪を使い木の葉や木の実を食べる。地上には滅多に下りない。 ホフマンナマケモノ Choloepus hoffmanni フタユビナマケモノ Choloepus didactylus 現生ナマケモノはミユビナマケモノ科とフタユビナマケモノ科の2科に分類され、5種がいる。双方の科の生息域は重なっていることが多い。 ミユビナマケモノ科 Bradypodidae - 指が3本であり、小さな尾をもつ。通常哺乳類の頚椎は7個であるが、ミユビナマケモノ科の頚椎は9個ある。首を270度回転させることができるため、体を動かさずに周りの葉を食べることができる。体長50-60センチメートル。中央・南アメリカの森林地帯に生息している。長く太いかぎ爪を持ち、セクロピアの木の葉などを食べる。 ノドチャミユビナマケモノ Bradypus variegatus ノドジロミユビナマケモノ Bradypus tridactylus タテガミナマケモノ Bradypus torquatus フタユビナマケモノ科 Megalonychidae - 指が2本であり、尾は全くないか、わずかな痕跡があるのみである。頚椎はホフマンナマケモノで6個、フタユビナマケモノで7個である。双方を外見で判別することは困難であり、しばしば、X線写真で頚椎の数を調べることで判別している。ミユビナマケモノ科に比べ、気性が荒く動作もすばやい。体長60-64センチメートル。中央・南アメリカの森林地帯に生息する。鋭いかぎ爪を使い木の葉や木の実を食べる。地上には滅多に下りない。 ホフマンナマケモノ Choloepus hoffmanni フタユビナマケモノ Choloepus didactylus 現生ナマケモノはミユビナマケモノ科とフタユビナマケモノ科の2科に分類され、5種がいる。双方の科の生息域は重なっていることが多い。 ミユビナマケモノ科 Bradypodidae - 指が3本であり、小さな尾をもつ。通常哺乳類の頚椎は7個であるが、ミユビナマケモノ科の頚椎は9個ある。首を270度回転させることができるため、体を動かさずに周りの葉を食べることができる。体長50-60センチメートル。中央・南アメリカの森林地帯に生息している。長く太いかぎ爪を持ち、セクロピアの木の葉などを食べる。 ノドチャミユビナマケモノ Bradypus variegatus ノドジロミユビナマケモノ Bradypus tridactylus タテガミナマケモノ Bradypus torquatus フタユビナマケモノ科 Megalonychidae - 指が2本であり、尾は全くないか、わずかな痕跡があるのみである。頚椎はホフマンナマケモノで6個、フタユビナマケモノで7個である。双方を外見で判別することは困難であり、しばしば、X線写真で頚椎の数を調べることで判別している。ミユビナマケモノ科に比べ、気性が荒く動作もすばやい。体長60-64センチメートル。中央・南アメリカの森林地帯に生息する。鋭いかぎ爪を使い木の葉や木の実を食べる。地上には滅多に下りない。 ホフマンナマケモノ Choloepus hoffmanni フタユビナマケモノ Choloepus didactylus 現生ナマケモノはミユビナマケモノ科とフタユビナマケモノ科の2科に分類され、5種がいる。双方の科の生息域は重なっていることが多い。 ミユビナマケモノ科 Bradypodidae - 指が3本であり、小さな尾をもつ。通常哺乳類の頚椎は7個であるが、ミユビナマケモノ科の頚椎は9個ある。首を270度回転させることができるため、体を動かさずに周りの葉を食べることができる。体長50-60センチメートル。中央・南アメリカの森林地帯に生息している。長く太いかぎ爪を持ち、セクロピアの木の葉などを食べる。 ノドチャミユビナマケモノ Bradypus variegatus ノドジロミユビナマケモノ Bradypus tridactylus タテガミナマケモノ Bradypus torquatus フタユビナマケモノ科 Megalonychidae - 指が2本であり、尾は全くないか、わずかな痕跡があるのみである。頚椎はホフマンナマケモノで6個、フタユビナマケモノで7個である。双方を外見で判別することは困難であり、しばしば、X線写真で頚椎の数を調べることで判別している。ミユビナマケモノ科に比べ、気性が荒く動作もすばやい。体長60-64センチメートル。中央・南アメリカの森林地帯に生息する。鋭いかぎ爪を使い木の葉や木の実を食べる。地上には滅多に下りない。 ホフマンナマケモノ Choloepus hoffmanni フタユビナマケモノ Choloepus didactylus 現生ナマケモノはミユビナマケモノ科とフタユビナマケモノ科の2科に分類され、5種がいる。双方の科の生息域は重なっていることが多い。 ミユビナマケモノ科 Bradypodidae - 指が3本であり、小さな尾をもつ。通常哺乳類の頚椎は7個であるが、ミユビナマケモノ科の頚椎は9個ある。首を270度回転させることができるため、体を動かさずに周りの葉を食べることができる。体長50-60センチメートル。中央・南アメリカの森林地帯に生息している。長く太いかぎ爪を持ち、セクロピアの木の葉などを食べる。 ノドチャミユビナマケモノ Bradypus variegatus ノドジロミユビナマケモノ Bradypus tridactylus タテガミナマケモノ Bradypus torquatus フタユビナマケモノ科 Megalonychidae - 指が2本であり、尾は全くないか、わずかな痕跡があるのみである。頚椎はホフマンナマケモノで6個、フタユビナマケモノで7個である。双方を外見で判別することは困難であり、しばしば、X線写真で頚椎の数を調べることで判別している。ミユビナマケモノ科に比べ、気性が荒く動作もすばやい。体長60-64センチメートル。中央・南アメリカの森林地帯に生息する。鋭いかぎ爪を使い木の葉や木の実を食べる。地上には滅多に下りない。 ホフマンナマケモノ Choloepus hoffmanni フタユビナマケモノ Choloepus didactylus

あとで見る、とっておく

クリップクリップする

共有する・伝える